ごあいさつ

福祉の現場を明るく元気にすることが弊社の想いです。

株式会社スカイは、新元号の「令和」の時代の幕開けとともに、創業を迎えることが出来ました。これも、ひとえに創業までにご協力頂きました皆々様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

 私は、20年ほど高齢者を中心とした福祉事業を携わってまいりました。その中で、様々な介護保険事業者との意見交換や、介護施設を視察した経験から、福祉業界では重要である「記録」を含めた書類・帳票・報告書等の大切な記録等を整備できている事業所があまりにも少ない現状を感じました。<br />また、その重要性を理解しているものの、「文章作成ソフト」で管理している事業者が非常に多く見受けられ、記録後にも修正が出来てしまうため、書類の改ざんも少なくありません。

 実際に、各事業者は介護保険“請求システム”をほぼ導入しておりますが、そこには「使用しにくい記録システム」が付随されてはいます。ただし、請求業務と連動しているため、現場職員には使用させていない事業者が殆どです。<br />その他にも、介護保険事業は3年に一度の報酬改正により、毎回報酬抑制が実施され、事業者は収入減額を余儀なくされるため、介護記録システムの開発や導入は「資金不足」などの理由で一向に進まない現状です。

 介護サービスでの記録業務は、1日の業務の中で約40%程度占めているといわれております。しかし、高齢者や障碍者は「排泄介助」や「入浴介助」「食事介助」などは待ったなしで、現場の介護・看護職員などに求めてきます。現場では、職員不足などの理由により1日の職員数はギリギリの状態にも関わらず、介護・介助業務が優先となるため記録業務は業務終了後に行わなければならない現状です。昨今は、その疲弊から「介護施設での職員による虐待」などの問題がニュースなどを賑わせている事を余りにも寂しく感じています。

 その為、徹底的に「記録業務の簡素化」「必須書類・帳票の効率化」を目指し、介護記録システム「レコセラ」を開発致しました。この介護記録システムは介護・看護職員などの日々の記録を簡素化して残業を減らす事や、記録業務の時間を減らす事により少しでも介護・看護職員のストレスを開放することが目的です。

 株式会社スカイは、今後も介護記録システム「レコセラ」の品質を高め、福祉に携わる方々のお役に立てるよう更なるアイディアの導入などを目指し成長していき、皆様のご期待に添えるよう、ハイクオリティーな介護記録システムの開発に全力を注いでまいります。

                                             

株式会社スカイ 代表取締役 

 

会社基本データ

会社名 株式会社 スカイ
所在地 〒160-002
東京都新宿区新宿4丁目3番15号
  レイフラット新宿B棟 3F
電話番号 03-5324-2540
役員 代表取締役 中澤 好章
事業内容 介護記録システム販売
介護コンサルタント
資本金 100万円
主要取引銀行 多摩信用金庫
三菱UFJ銀行